赤ちゃん誕生のお祝い

メイン

赤ちゃん出産の祝い
妊娠から出産まで長い間の健康管理はお母さんになった新米ママさんは大変なものです。
まず出産の知らせ受けたら最初にすることとは

もちろん無事に生まれたことへのお祝いの言葉を伝えます。
メール、電話、ファックスなどで「すぐに」「言葉で」お祝い、ねぎらいの気持ちを届けましょう。

出産の祝い物を贈る時期
喜び、幸せに満ち溢れた「パパ」「ママ」と事前に連絡を取り、次は訪問する日を決めておきましょう。

一般的には生後7日〜1ヶ月のうちにおこないます。

生後一週間ほどは、特に初めてのお子さんのときは、母子ともに精神、健康面で心身ともに不安定な状態ですね。

出産の祝いで訪問する場合は、出産祝いとして直接、会いに行くのが先になってしまいそうでも、めやすとして半年以内なら「出産祝い」としてギフトを贈ることができます。

1年以上たっていたら「お誕生祝い」として贈りましょう。

贈り物
出産の祝い衣類

衣類の場合はベビー服・靴とも、相手の好みも考えて、センスがいいデザインのものを選びましょう
赤ちゃんの性別が確認できない場合は、白や黄色など、男女どちらでも使える色を選ぶなどの気配りもできます。

ややサイズの大きめを選べば、赤ちゃんが大きめの体格だったり、やや時期を置いて着せることもできます、場合によって多少対応もできます。長く着せてもらえますね。


出産の祝い現金
「出産祝い」として現金を贈る場合、お祝いの祝儀袋に包み、金額は5000円〜10000円程度が相場とされています。

お付き合いにより、友人関係、親戚など関係の深さや、地域の習慣などで異なる場合もあるので、周囲の人にも相談してみるのも良いですね。

職場での同僚どうし、数人で連名にして渡すこともできます。3人以内なら表に全員の氏名を書きますが、4人以上なら、名前を書いた紙を中に入れておきます。
いずれの場合も、役職・立場が上位の人から順番に、右から左に書いていきます。

関連記事
産前産後の体型
妊娠線の予防とケア
妊娠しやすい体を作る
結婚・妊娠・出産にかかる経費

サイトTOPへ

スポンサードリンク

月間アーカイブ

更新履歴